10秒で簡単見積もり

ホーム > 会社情報 > 社長ご挨拶
社長ご挨拶
パイオニアとして、イノベータとしてテープリライトはテープ起こしの世界を開拓し続けます
半世紀以上前、議事録やインタビュー取材を記録するには、現場に速記者が出向いて直接、話を聞きながら速記で記録するしかありませんでした。1963年2月、創業者・渡辺博史は、この手間が掛かる上に効率の悪い速記による記録に疑問を感じて、当時、発売されたばかりのテープレコーダーを業務に導入。録音した音声を基に書き起こし、テキスト化する手法を開発しました。これこそが現在のテープリライト(テープ起こし)の原点です。この技術とともにテープリライト梶i当時は「録音速記梶v)は誕生しました。

以来半世紀、当社はつねに業界のパイオニア&イノベータとして歩んできました。手書き原稿からいち早くワープロを導入、さらにはパソコンとメールを活用して在宅ライターによる制作体制を確立。音声データのフルデジタル化、サーバによるデータ転送により、現在は日本全国で当社のライターが活躍しています。

柳井貞樹そして今、当社のテープ起こしは、より新しい次元へ進化しています。現在、当社では一般的な日本語テープ起こしはもちろん、医薬・法曹・マスコミや外国語など、専門性の高い分野をターゲットとしたサービスに力を入れています。こうした専門的な領域では独自の専門用語や略語が飛び交い、内容も専門性が高く、部外者には話題の把握さえ難しい場合も少なくありません。また、そこに求められる完成度においても、精度の高さはもちろん、文体や表記等、繊細なセンスと専門知識が求められます。 こうした高度な内容に対してきめ細かく、柔軟にお応えするには、当社が永年培った各分野への深い理解と知識、そしてノウハウが欠かせません。私達はこれを活かして、ときにはお客様自身すら意識していないニーズまで先取りしながら、つねに高品質なテープ起こし(テープリライト)をお届けして参ります。

当社がご提供するテープ起こし(テープリライト)は、単に言葉を書き起こすだけのサービスではありません。多種多様な専門分野の音声記録を録音取材し、その用途・目的に合わせて最適な形の文書を創り上げていく、高度なエディトリアルワークとしての進化は、今もたゆみなく続いています。
皆様の目に触れる書籍・雑誌やWebページ、あるいは議事録の背後で「黒子」として進化を続けるテープ起こし……社会的にその本質を知っていただける機会は、まだあまり多くありません。逆に言えば、私達のサービスがサポートできる未開拓の広大なフィールドが、まだまだ眼の前に広がっているとも言えるでしょう。

創業から半世紀を迎え、今までも、これからも高品質なテープ起こしサービスをお客様にご提供していくことはもちろん、新たな半世紀においてもパイオニアとして、そしてイノベータとして、テープ起こしの世界をさらに広げていきたいと考えています。
どうか今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

  テープリライト株式会社
代表取締役 柳井貞樹
PROFILE
柳井 貞樹 
1965年生まれ 立教大学文学部卒 大学職員を経て2001年、グループ会社として牛ハテープリライトを設立。
2008年、潟eープリライトが同社と合併。前代表 藤村勝巳より代表権を引き継ぎ、代表取締役社長に就任。