> ご依頼について|よくあるご質問(FAQ)

ご依頼について

ご依頼について

※カテゴリーをクリックするとQAが絞り込まれます。

文字起こしの依頼はどうすればいいですか?

電話または問い合わせフォームにてご連絡ください。

 ☎ 03-3255-0478  ※ 平日9:30-17:30
 ✉ 24時間問い合わせフォーム

地方在住ですが、依頼できますか?

はい、全国からご依頼を承っております。

宅配便等で録音媒体と資料をお送りいただくか、
サーバまたはオンラインストレージサービスで音声・資料データを送信してください。

海外在住ですが、依頼できますか?

日本円でお振り込み可能であれば、ご依頼いただけます。
(振込手数料は、お客様にてご負担ください)

納品は、データ納品(セキュリティ保護をしたEメールに原稿データを添付)のみとなります。
また、請求書はPDFでのお渡しとなります。原本の送付は対応しておりませんので、ご了承ください。

個人からの依頼も受けてもらえますか?

はい、承ります。
ただし、録音音声を証拠文書化するための「法廷提出用」「記録用」をご依頼される場合、
できるだけ法律事務所を通してご依頼ください。
長時間の録音音声の文書化は、思っていた以上に料金がかかりますので、
「文書化したい音声の範囲」を弁護士に相談されてからのご依頼をお勧めいたします。

予約したほうがいいですか?

通常のご依頼であれば、特に予約は必要ありません。


【予約が必要な場合】
出張録音やお急ぎの納品、指定仕様での原稿作成などの場合は、予約をお願いいたします。

日程・収録時間・内容など、できるだけ事前情報をいただけるとスムーズです。

予約のキャンセル料はかかりません。

どの「文字起こしの種類」で依頼すればいいか迷っています。

用途に合わせたさまざまな起こし方がありますので、電話または問い合わせフォームにてご相談ください。
お客様に合った文字起こしの種類をご案内します。


 ☎ 03-3255-0478  ※ 平日9:30-17:30
 ✉ 24時間問い合わせフォーム


サービス一覧 文字起こしの体裁・まとめ方もご覧ください。

大量にあります。受けてもらえますか?

長時間・大量案件もおまかせください。

詳細な納品スケジュールをご提案します。優先順位にも対応可能ですので、お申し付けください。


各音声・各場面について、

 ・録音日

 ・録音時間

 ・内容(例:「○○先生講演」「○○と△△の電話」など)

 ・登場人物一覧

 ・発言者聞き分けのヒント(各人の冒頭の発言や性別、訛り、声の特徴など)

をあらかじめご用意いただくとスムーズです。

何を用意すればいいですか?

録音音声と資料をご用意ください。
 

【録音音声】
  ・wav、mp3、wmaなど音声データ
  ・ボイスレコーダー ICレコーダー本体
  ・CD/DVD
  ・USBメモリ
  ・MD
  ・カセットテープ  など

【資料】
  ・登場人物一覧
  ・発言者聞き分けのヒント(各人の冒頭の発言や性別、訛り、声の特徴など)
  ・背景事情やテーマのメモ、訴状のコピー、プログラム、配布物、スライドデータ
  ・第三者には不明な略語、固有名詞、愛称  など

 

詳しくはご用意いただくものをご覧ください。

音声と資料はどのように渡せばいいですか?

下記の送付方法がございます。

 ・録音媒体と資料  → 郵便や宅配便等による送付
 ・音声と資料データ → サーバまたはオンラインストレージサービスを使った送信

ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

音声と資料をデータで送りたいのですが、どのような方法で送ればいいですか?

お客様がご使用のサーバまたはオンラインストレージサービスがございましたら、
そちらにデータをアップロードし、ダウンロードURLをメールでご連絡ください。
また、当社契約オンラインストレージサービスのご案内も可能です。
お客様のメールアドレスをご連絡いただければ、そのアドレス宛にアップロードURLを連絡いたします。

ICレコーダ(ボイスレコーダー)本体を送ってもいいですか?

はい、大丈夫です。
郵便や宅配便等でお送りください。
「どの音声ファイルを書き起こすのか」メモと資料を必ずつけてください。
詳しくはご用意いただくものをご覧ください。


【送付時のご注意】
輸送・配達中の誤操作防止のため、「電源をオフにする」「本体スイッチにロック(ホールド)をかける」ことを忘れずにお願いします。
大切な音声が消えてしまうことがあります。

資料が紙ベースのみでデータはないのですが、どうしたらいいですか?

可能なら資料をスキャナで取り込み、データ(PDF等)化してください。

データ化が難しい場合は、資料のみ別途お送りいただく等、スケジュールも含めてご相談ください。

資料は撮影した映像しかありません。どうすればいいですか?

動画データをお送りください。
作業上、映像参照を要する場合(発言者・提示資料確認等)、基本料金+10%動画割増料金がかかります。

その他追加料金

映像参照を要する場合、動画割増料金が加算されるのはなぜですか?

何時までに依頼すればいいですか?

16時までに素材(音声+資料)が到着した日が、受注日(起算日)となります。
16時以降着の場合、翌営業日受付扱いとなります。
音質の悪いもの、内容確認に時間を要するもの等については、通常納期に数日加算となりますのでご了承ください。


※英語(多言語)文字起こし、翻訳(日本語⇔外国語)は別となります。ご相談ください。

スマートフォンで録音した音声でも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
ただし、お客様ご自身で、スマートフォンから音声データをパソコン等に取り出していただく必要がございます。
個人情報保護の観点から、お客様のスマートフォン本体をお預かりすることはできません。ご了承ください。

Webで公開されている動画の文字起こしはできますか?

はい、文字起こし可能です。
動画サイトのURLをメールでご連絡ください。
ただし、違法な動画や閲覧にアカウント登録が必要な場合等は対応できません。

録音の一部分だけ起こしてもらえますか?

「講演のみを起こす。司会の紹介部分は不要」
「開会から閉会までが起こす箇所で、その前後は不要」
といったご指定があればご依頼時に【タイムコード+その部分の発言(セリフ)】でお教えください。
ご指定が難しい場合は、内容確認に時間を要するため、通常納期に数日加算となる場合があります。
あらかじめご了承ください。


「法廷提出用」原稿で範囲指定がある場合は、原稿の表紙にタイムコードを表記します。(例:00:03:00~01:35:00)
ただし、下記のような断片的な指定箇所
  ①00:00:18~00:00:25まで
  ②00:00:35~00:00:43まで
  ③話し途中の00:16:12~00:20:07まで
  ④00:32:36~00:33:54まで
といった、「都合の良いところだけを起こした」と思われる起こし方には対応できません。

聞こえないところがあります。音質を良くしてもらえますか?

音声データのノイズを減らしたり、音量を上げたりすることはコンピュータソフトでもできますが、
残念ながら、聴こえないものが聴こえるようになることはありません。
お時間を頂ければ最大限努力いたしますが、あくまで聴こえないところは耳で何度も繰り返し聴いて書き起こします。

録音状態が極めて悪く、他社に断られました。何とかしてもらえませんか?

録音媒体、音声データを当社にお預けください。
内容を確認の上、判断し、お見積もりいたします。

営業カレンダー