> 料金と納期|よくあるご質問(FAQ)

料金と納期

料金と納期

※カテゴリーをクリックするとQAが絞り込まれます。

料金はいくらで、納期はどれだけかかりますか?

原稿の種類と録音時間の長さによって料金と納期が変わります。
料金・納期の目安をご覧ください。

かんたん見積もりで、かんたんに概算と納期をお調べいただけます。ぜひご利用ください。

特急納期はいくらになりますか。

特急割増料金がかかります。(その他追加料金)

  通常納期より -1営業日 → +30%
  通常納期より -2営業日 → +50%
  通常納期より -3営業日 → +80%
  通常納期より -4営業日 → +100%

 

音質・内容および受注状況等により承れない場合がございますので、ご相談ください。

かんたん見積もりで、特急納期の料金がかんたんに計算できます。ぜひご利用ください。

47分を依頼したらいくらになりますか?

録音1時間までは基本料金となります。料金・納期の目安をご覧ください。
通常納期よりお急ぎや動画割増などの場合は、その他追加料金がかかります。
かんたん見積もりもご利用ください。

「今日40分」「明日2時間20分」依頼したら、納期や料金はどうなりますか?

「同日ご依頼の合計時間」による納期・料金計算となります。
※土日祝除く

【例】「一般用」で25日と26日に依頼
①今日25日に40分依頼     → 25日から4営業日後に納品、¥18,000(税込¥19,800)
②明日26日に2時間20分依頼    → 26日から6営業日後に納品、¥45,000(税込¥49,500)

理由としては、1回(当日)のご依頼ごとに、内容確認やライターへの指示など、一定の労力がかかるためです。
①②をまとめて同じ日にご依頼いただければ、合計時間での納期・料金計算となります。

【例】「一般用」で26日に2件まとめて依頼
③26日に2件(40分+2時間20分=3時間)を依頼 → 26日から6営業日後に納品、¥54,000(税込¥59,400)

3時間のシンポジウムを録音したのですが、講演の1時間10分だけ依頼したい。料金は3時間分ですか?

いいえ、料金計算の基準は、「文字起こしをする範囲」の時間となります。

初めの1時間は基本料金となっており、1時間を超えた分は15分刻みで増えていきます。

したがって、1時間10分の請求金額は、「基本料金+(基本料金÷4)」となります。

「法廷提出用」原稿が3部必要な場合、いくらになりますか?

1部は無料サービスのお渡しとなります。
増刷分の2部については、1ページ¥30(税込¥33)の追加料金が掛かります。

その他追加料金

映像参照を要する場合、動画割増料金が加算されるのはなぜですか?

作業上、映像参照を要する場合(発言者・提示資料確認等)、基本料金+10%の動画割増料金がかかります。
音声のみのデータであれば、視線はWord文書の入力画面に集中して入力できますが、
映像参照の場合、画面上のスライドや発言者の口元などを確認しながらの作業となります。
当然、入力・校閲スピードが落ちて作業効率が悪くなります。
例えば音声だけなら1時間の作業で済むところが、映像を参照しながらだと2時間かかることも珍しくありません。
余分に掛かる作業時間のコストとして追加料金を頂いておりますのでご了承ください。

その他追加料金

原稿データをCD-RやUSBメモリに入れて納品してもらいたいのですが、別途料金がかかりますか?

お客様から納品用メディア(CD-R、DVD-R、USBメモリ等)をいただければ、別途請求いたしません。

当社にて用意することも可能です。
納品用メディアによって料金が違いますので、その他追加料金をご覧ください。

2時間の講演を録音しました。通常の文字起こし原稿のほかに1万5000字に要約した原稿も欲しいのですが、いくらになりますか?

通常の文字起こしと要約の2種類の原稿をお納めする場合、「1時間の基本料金×時間数×7割増」が全体の請求金額となります。

また、要約原稿のみをお納めする場合は「1時間の基本料金×時間数×5割増」が請求金額となります。

その他追加料金

逐次通訳の日本語部分のみを書き起こして欲しいのですが、料金はいくらになりますか?

逐次通訳の日本語のみの文字起こしの場合、「通常の文字起こし基本料金×0.8」となります。(ただし最低1時間ご請求)
同時通訳の日本語文字起こしは通常料金と同じです。

同じ日に複数の音声を依頼すると、納期はどうなりますか?

合計時間で納期が決まります。

例えば1時間の会議録音を3本分まとめてご依頼いただいた場合、3時間での納期計算になります。

営業カレンダー